初雪

ドイツに来て… この木曜日11/30に初雪が降りました。

とはいえ、ここsyltはドイツの中でも結構気温が高い方…夏はバカンスに多くの人が訪れる場所…。
南の方(&山の近く)に住んでいる連れの友人からは、既に真っ白に雪化粧された風景写真が送られてきました。
これから本格的な冬が始まります。

日本の冬は寒いとはいえ乾燥していて天気はいい日も結構ある。日によっては雲一つない快晴もちょくちょく~って感じですが、ドイツの冬は

「太陽が顔を出したら嬉しい」

レベルでほぼどんより暑い雲と霧が多いです。 午前中天気が良くてもそのまま晴れ続けるのは稀で、天気予報は常にチェックが必要かなと。

部屋の中は、ハイツング(セントラルヒーティング)と二重窓厚い壁のお陰で比較的快適に過ごせます。だからこそ余計に外に行くのが辛い…(苦笑)

同じ敷地内にゴミを捨てに行くにも上着を着ていくような感じです。

自分は(国際免許の申請はしましたが)ドイツで車に乗るのが怖いので基本が自転車…
隣町が繁華街で、買い物に行ったりVHS(ドイツ語・市民学校)に行く際には30分位自転車を漕ぎつつ向かいます。風が強い地なので、向かい風とかだと全然前に進まなかったり、息を吸うのが辛かったり…。
雨も結構多いですね。もっとも他の地域だとこれがきっと雪になるのでしょう。

ドイツの多くの家庭ではこの寒さの中、アドベントの大きな4本の蝋燭の光の下…子どもたちはアドヴェントカレンダーを一つづつ開けて楽しみます。

クリスマスを待ちわびつつ。

(2016年ハンブルク市庁舎前クリスマスマーケット)

クリスマスマーケットは、こんな鬱屈した気候を乗り切るためのドイツ人の知恵なのでしょうね。