エッセイ

エッセイ

『ドイツの北の果てに来ています。その19』

= 蒲公英紫陽花紅葉 = ドイツの夏の暑さは9月中旬頃まで… 秋のつるべ落としは恐るべき早さで、人々は一気にダウンジャケット一色になっていきます。強風で有名な北ドイツ・Syltでは防風の役割もある垣根は重要なのかもしれません。
エッセイ

『ドイツの北の果てに来ています。その18』

= 乾燥と水 = 駅や空港の売店などは水も結構高いです。旅先ではまず最初にするのが「スーパーマーケット探し」という人も多いですよね。 当然といえば当然ですが、有名ブランドのミネラルウォーターは高いです。逆に格安スーパーのPB商品がもっ...
エッセイ

『ドイツの北の果てに来ています。その17』

= 海沿いの堤防 = もちろん港など水深の深い所はしっかりと波止場が出来ていますが、海を見ながらの散歩道も多い感じです。海岸沿いの散歩道を犬と散歩している人達も多いです。
エッセイ

『ドイツの北の果てに来ています。その16』

= ドイツの電気 = 電気屋さんに行くと薄め・コンパクトなプラグも増えているようです…。 延長プラグとかはなかなかな迫力に…(笑)
エッセイ

『ドイツの北の果てに来ています。その15』

= 飛行場 = 慣れてしまうと全然気にならないのでしょうが、最初はドキッとしてしまいました。
エッセイ

『ドイツの北の果てに来ています。その14』

= 紫の牛 = これ以外にもたくさん…! ドイツはチョコレートの種類も質もかなり高くてついつい買い込んで食べてしまいます。
エッセイ

『ドイツの北の果てに来ています。その13』

= 公園 = 結構小さな町でも公園があって、遊んでいる親子連れを見ました。
エッセイ

『ドイツの北の果てに来ています。その12』

= 自転車(3) =  自分が普段車に乗っていないので、速度に関しての感覚が違うのかもですが…。
エッセイ

『ドイツの北の果てに来ています。その11』

= 自転車(2) = 一見同じように見えるものでも、細かい所が微妙に違ったりするのが面白いです。
エッセイ

『ドイツの北の果てに来ています。その10』

= 自転車(1) = 島での主な機動力は自転車です。 車のが色々と便利なのでしょうが、やはり慣れないうちは怖いので…。 子供が生まれたらどうなるかなぁ。
スポンサーリンク